最終更新日:2009年8月28日

ビーズアクセサリー ビーズのこと ビーズマスコット

★ビーズの思い出★

 最初にビーズでちゃんとした作品らしきものを作ったのは、小学生の時です。小学校の近くにあったお店(文具・体操服・なわとび等学校で使いそうなものを中心にいろんなものが売られていた)でビーズマスコットのキットを見つけて作ってみたのが始まりです。説明書に書いてある通りにワイヤーにビーズを通し、ワイヤーを交差させて編んでいくだけで小さかった私にもキラキラ光る素敵なビーズのマスコットを作ることができました。それがすごく楽しかったのですが、ビーズのキットは当時の私には高い買い物だったし、当時の私の行動範囲でビーズマスコットのキットを売っているお店もあまりなかったので、キットを買ったのはたった1度だけでした。時々、100円くらいの安いビーズ(薄っぺらいケースにいろんな種類のビーズがごちゃごちゃ入ってるもの)を買っては、大事に取ってあったキットのレシピを参考にいろいろ作っていました。

 高校や短大に入って金銭面で少し余裕ができた頃にも、ビーズを買うのがもったいなくて他のものにばかりお金を使っていました。相変わらず100円くらいの安いビーズ(これって今でも100円均一のお店等で売られているのを見かけますよね〜)を買っていました。この頃には昔買ったキットのレシピは破れて半分だけになっていたので、ビーズマスコットの本を1冊だけ買って、時々思い出したかのようにちょこちょこ作っていました。ちょうどこのくらいの頃、NHKの「おしゃれ工房」という番組で「ビーズマスコットでアクアリウムを作る」みたいなのをやっていたので、蟹や魚など作ったりもしました。この頃にはビーズマスコットのキットの種類も増えて、目にする機会も多くなったのですが、それでも買いませんでした。どうしても作りたいと思えるようなものがなかったのかもしれません。

 結婚式が近くなった頃、ちょうど行った手芸店でウェディングもののビーズマスコットのキットを見つけました。このキット自体はずっと前からあったのかも知れませんが、ちょうど自分が結婚する前だということで目に入ったのだと思います。ウェルカムボードのネタに困っていた所だったこともあり、このビーズマスコットで花を添えよう!と思って購入しました。この時、海外のクロスステッチを知っていたらウェルカムボードは絶対にクロスステッチで作ったと思いますが、まだ知る前だったので…(^_^;)。布やフェルトを切り貼りして、適当な所へ作ったビーズマスコットを縫い付けて完成!今でも玄関に飾ってありますが、急いで作っただけあって何ともお粗末なウェルカムボードです。結婚式をやり直すことができたら、ウェルカムボードも必ず作り直したい〜!(笑)

 ビーズアクセサリーのブームがやってきても、ビーズへの感心は高まりませんでした。ビーズという素材自体は好きだったものの、アクセサリーなど装飾品の類には全く興味がなく、夫からもらった指輪以外一切付けない程だったからです。わざわざ高いお金を出して自分を飾るよりも、好きな手作りやTVゲームにお金を掛けたかったわけです。…が、全然興味のないアクセサリーでも自分で作れるとなれば話は別でしょう。少しずつ興味が湧いてきました。しかし、田舎暮らしでは材料を揃えるのも困難ですし、困難なだけに材料費も高い。ブームに乗ってビーズアクセサリーの本がたくさん出回りましたが、こりゃダメだ…と思っているとどれも同じように見えるものです(笑)。でも、ベルメゾンマンスリークラブ(千趣会)のキットを見た時にようやく心が傾き始めます。数ヶ月悩んだ末、2002年の3月頃から毎月ビーズアクセサリーのキットを買い始めました。

 その後、キットを買うだけで全然作品にならない日々が続きました(^_^;)。でも、そればかりではいけないと思って、少しビーズの勉強(って言ってもネットを巡るだけですが)を始めたところ、作品とか何とかよりもビーズそのものの美しさに強く惹かれるようになりました。刺繍糸や色鉛筆などの画材に心惹かれるのと一緒で、いろんな色がたくさんあるのがいいんです(笑)。ネットでの販売価格が実店舗での価格に比べてとても安いことを知り、ようやくもったいないと思わずにお金が出せるようになりました。そこらにある手芸屋さんで高いと思って手が出せないでいた私の感覚は正しかった!(笑) 高いと思いながらも買っていたら、今頃ホントの相場を知って悔しがっていたことでしょう。

 好きなビーズが増えていくにしたがって、アクセサリーを作りたい意欲も高まりました。まだまだ勉強不足だけれど、実践も交えてうまくなっていこうと思い、2003年9月にようやく作品らしい作品を仕上げました。分かり易い説明の付いたキットでのチャレンジでしたが、とても満足のいく仕上がりでした。形にする楽しさも知った感じです。あとは身に付ける楽しさも少しずつ知っていきたいものです。

★ベルメゾンマンスリークラブ(千趣会)のキットの魅力★

 以前、ベルメゾンマンスリークラブのキットに、「ビーズ&○○○」というシリーズがありました。最初は「ビーズ&ビーズ」というシリーズと「ビーズ&シルバー」というシルバーパーツを使うシリーズだけだったんですが、後に「ビーズ&ストーン」という天然石を使ったアクセサリーを作れるシリーズと、「ビーズ&ビーズ シック」という手巻きビーズなどちょっと珍しいビーズを使ったシックなアクセサリーを作れるシリーズが加わりました。

 これらのシリーズは3つのデザインから1つを選んで作れるというもので、3つのデザインはそれぞれ「a=初級」「b=中級」「c=上級」になっており、自分の腕に合わせて作品を作ることもできるのでした。上級のものでも凄く難しいワケではなく、自分の技術に合わせるも良し、好きなデザインで作るも良し…って感じ。選んだデザインによって、ネックレス・チョーカー・リング・イヤリング(ピアス)など作れるものは違いますが、2〜3点のアクセサリーが作れるようになっていました。自分で同じ材料を買い足すことができれば、全部のデザインを作ることも可能です。イヤリングとピアスは、どちらを選んでもいいように両方のパーツが入っていたし、レシピの余白部分には余った材料(他のデザインでしか使わない材料)でできる小物レシピも紹介されていて、素晴らしく出来の良いキットだったと思います。

 3つもデザインがあると「これいいな〜」と思えるものが1つくらいはありますし、どのデザインが何月に来るかが決まっているのでいざ気に入らないものがあればその月だけ買わなければいい…そんな気楽さが良くて、このキットと出逢ったのをきっかけにビーズアクセサリー作りを始めよう!となったのを思い出します。最初はデザインが好みだと思った「ビーズ&シルバー」のシリーズを買い、12ヶ月揃えてしまいました。このシリーズを揃えたらもう買うのはやめようと思っていたのですが、「ビーズ&ビーズ」のシリーズの方が簡単に作れそうな気がしたのと、1年間毎月来ていたものが来ないのは何となく淋しいのもあって、「ビーズ&ビーズ」のシリーズも買い揃え、それが終わると今度は「ビーズ&ビーズ シック」も揃えました。

 これまでのシリーズだけでもいろんな素材や色を楽しめたのですが、より一層ビーズの世界を広げさせてくれる「ビーズ&ビーズ モアプラス」というシリーズも発売されました。こちらは2つのデザインから好きな方を選んで作れる仕様になっていましたよ。

 残念ながら今はどのシリーズも販売を終了してしまいましたが、私がビーズを楽しむきっかけとなったキットの存在感は今も大きいです。まだ作り終えてない手元にあるキットも、追々形にしていくつもりでいます。これを読んで興味を持った方は、オークションに時々出品されていますのでチェックしてみてください。

★現在の状況と今後の抱負★

 作る量よりも材料が増える方が多いのは他の趣味と変わりません(^_^;)。でも、これも少しずつ形にしていきたいと思います。だんだん目が肥えてきたし、自分の好みの傾向も掴めてきたので、本なども買って勉強し続けようと思います。



Menu   Home